←楽譜・書籍等紹介のページへ戻る
 栗原寛歌集「窓よりゆめを、ひかりの庭を」
栗原寛

発行所:短歌研究社
2012.3.3刊 四六判 148頁
 (ISBN 978-4-86272-271-3)

混迷は言葉となって現れるときに、少しも暗澹としてはいない。 現実を見据えて全身汗まみれになりながらも、生を希求する姿が美しい。
――外塚 喬

三十代に入った著者の『月と自転車』につづく
   第二歌集

在庫あり

【価格】2,700円(税抜:2,500円)

  アフガンストールを巻けば少年めく僕らさくらの森へあくがれてゆく
  原宿のホームのベルと散りゆける花 れらみれらみしらみれしら
  てのひらにのせたるピアス 土耳古とはとほきところとまなこをつぶる
  東西線の夜に車輛をうつりゆくカムパネルラがさうしたやうに
  僕のものと決めて見てゐつひとつ星と高層ビルの窓のひかりを